学校の教職員間で使用されるグループウェアとは

昨今のグループウェアは、企業でのビジネスシーンで使用されるというのが大半を占めている模様です。
しかしながら小学校や中学校等という教育現場は、一般のビジネスの現場とは趣が異なります。

学校の教員という仕事は授業の対応は勿論の事、授業の準備や教職員会議の対応等、生徒の対応等があります。

togetterの情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

また、学校の教員は一般のオフィスワークで仕事をするビジネスマンとは異なり、自分のデスクを離れた場所での仕事も、教員の仕事の内の一つです。



例えば、個々の生徒への指導に加え、時折訪れる生徒の両親や親族との面会やクラブ活動での指導等が例として挙げられるでしょう。

従って、実際に教育の現場で仕事をしている教員の声を反映させ、出来るだけシンプルなグループウェアが良いという結論に達した訳です。


また、パソコンの操作に慣れている若手の教員だけでは無いので、出来るだけマウスやキーボードを使用する事を最小限にしています。

ですから企業で使用されている様な多機能のグループウェアとは異なり、電子掲示板機能やメッセージを一画面で見渡せる様な工夫が施されているのです。
また、更に詳細なデーターを知りたいという場合でも、最初に開いたグループウェアの画面からリンクが張られている等の工夫がなされているので、わかりやすいものになっていると言えるでしょう。

また、ワードプロセッサソフトやスプレッドシートソフト等で作成した、年間予定表や月間予定表等のファイルをグループウェアに、簡単な操作で取り込み全教員に知らせる等という事が出来るので便利に使えるでしょう。

独自のシステムでグループウェアの申し込みを求める人にお勧めしたいサイトです。