賢いオープンソース制グループウェアの使い方

世の中にはオープンソースと呼ばれるタイプのソフトウェアがあり、無料で利用する事が出来るという特徴があります。

そしてグループウェアの中にも国産で、尚且つオープンソースに該当する物があり、様々なオペレーティングシステムで動作可能という代物が存在します。



したがってベンチャー企業の様な金銭的な余裕が無いとか、学生間のサークル活動に導入したい等という場合には朗報と言えるでしょう。

All Aboutに関するお役立ちコンテンツ満載です。

例えば、スケジュール機能やタイムカード、あるいはアドレス帳に該当する機能さえあれば十分で、電子メールはフリーメールで代用するという対応方法も採れます。また著名なSNSの様に一画面にまとめて表示されるタイムラインも利用出来るので、一覧性に優れているので、使いやすいと言えるかも知れません。

グループウェアの料金を知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

当該のオープンソースのグループウェアは、スマートフォンやタブレット型端末でも快適さを保ちながら利用出来るので、これから起業を目指す経営者には、業種によっては必ずしも社員分のパソコンを用意する必要が無くなります。付け加えるのであれば、BYODを許可すれば更にコスト削減が期待出来るでしょう。

それでも足りないという場合であれば、紙ベースでの担当者への提出や決済等を廃止して、グループウェアのワークフロー機能を、月額にワンコイン以下の費用を支払う事で利用可能となります。

更にプロジェクト管理やWEBメール等も必要であるなら、月額1000円以下の費用で利用出来る様になるので検討してみても良いでしょう。