コスト削減が施されたクラウド化型グループウェア

企業において業務効率化を図る為に導入されるソフトウェアの中でも、重要な位置を占めいているものの一つにグループウェアがあります。

グループウェアには業務のスケジュール管理だけに留まらずに、社員の勤怠管理やチャット機能、あるいはWEBメール機能等が装備されているというのが一般的です。
最近ではそのグループウェアは、クラウドコンピューティングの流れを取り入れたタイプの物が増加傾向にあり、使用した分だけ課金されるというSaaSというタイプに人気が集中している模様です。



それは、コストパフォーマンスの良さが一因となっているという事があるでしょう。

課金制であるので導入したくても、金銭的な意味で導入が難しかった規模の会社でも使用出来る様になったので、注目度が高くなったのは当然の事かも知れません。

満足度の高いマイナビニュースに関する最新情報はこちらです。

従来はサーバーを自分の会社で購入をして導入する手間暇や、365日24時間オペレーターによる監視を行う人件費等に対して、出費をしなければなりませんでした。

しかしクラウド化後のグループウェアは、前述した様なコストを削減出来るのですから、十分なメリットがあると言って良いでしょう。

またグループウェアというソフトウエアは会社内で使用されるだけではなく、WiFiやLTE技術の向上により外出先での使用も出来る様になり、モバイルパソコンやスマートフォン等の端末があれば、地理的な場所に依存しない利用が可能になった訳です。



更に付け加えるならば、セキュリティ管理は社員毎に割り振られたIDとパスワードを利用しての認証に加えて、データー通信間は暗号化対策が図られているので安心出来るでしょう。