最初は無料プランのあるグループウェアから始める

今日日でのグループウェアではクラウドコンピューティングを利用した、SaaS型と呼ばれるものであり課金制である事が一般です。

実は、グループウェアを動作させる為のサーバーのサービスは以前にも存在しましたが、現在の様な企業の屋内に限らず出張先のビジネスホテル、あるいは顧客の会社へと向かう電車の中等、電波の届く範囲であれば何処でも利用出来るようになりました。


つまり何処にいてもインターネットに接続できるなら、モバイルパソコンやスマートフォン等でも利用が可能になった事を意味しています。

最新のグループウェアの導入事例の情報収集がもっと楽になります。

したがって電子メールを利用する為のメーラーや、他のアプリケーションを継ぎ接ぎで集めて使用するよりも、クラウド側で必要なアプリケーションを一括管理するという方法が、ユーザーにとってシンプルで使いやすいものとされる訳です。



さて、今までグループウェアを利用した経験があり、全社員が使い方に慣れているのであれば良いでしょう。

NAVERまとめの情報が豊富です。

しかしながら、これから初めて導入してみたいと考えている企業にとっては、実勢に使って見ないとわかりませんし、コストも掛かる訳ですから躊躇してしまうというのは当然の事かも知れません。


その様な要望に応えて登場したのが、0円プランのあるグループウェアサービスです。

人数制限や勤怠管理には必要な機能等が削られていたり、使えるディスク容量も少なめですが本格導入をする為のテストをするには十分であると言って良いかも知れません。

そして本格導入が決定したら、金銭的な面と使用用途を詰めて行き最適なグループウェアを導入する事が大切です。